2008年06月16日

見えないものを見れる力

その人の笑顔の奥底を

その瞬間がもたらされた理由を

そのとき発せられた言葉の思いを

その人が抱えている本当のことを

その人の生きてきた強さを


全部見えないものだけど
知ろうとしていきたいと思いました。
posted by KABU at 23:08| 東京 ☀| Comment(33) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

出発

4月から社会人になります。
2003年4月に大学に入学して5年。

最も自分の予想を裏切った5年間。

生きることを諦めなくてよかったと
今になって思う。

やっぱり
生きる意味は
生きるため
につきる。
どう考えても
答えは そこ。

『死は生に意味をもたらす無意味だ』

そう。
死ぬ勇気と
生きる勇気だったら

死ぬ勇気なんていらない。

死ぬ勇気をださせなくてもいい世界 つくらないと。


私が生きていられるのは
死ぬ勇気を封印してくれた仲間がいたら。
きっと
生きる勇気をもたせてくれた仲間がいたから
っていってもいいんだろう。

いっぱい辛いことあるんだろうけど

負けない自分でいよう。
そう思う。

一人ももれなくハッピーな世界をつくる。


社会の荒波に揉まれて
大事なこと忘れたくない。
忘れても思い出したい。

大丈夫だ。今思えてるんだもん。
心に刻んだんだ。
posted by KABU at 01:15| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

人に会う

人に会うとき

その人に何かを教えてもらいたい
って思って会っている

確かに 人に学ぶことはとても多い


一つは
自分の思考や感覚の位置付けの確認として

一つは
自分の思考や感覚への刺激として



冷静と情熱の間って何?
平静?


anyway
最近は 人の言葉や しぐさ 話す内容から
その人が ものすごい 見えてくる。
すなわち 自分がものすっごい見えてくる。

ものすごく 不思議な空間に私は生きてるな。

久しぶりに39を更新したけれど 読んでいただきありがとうございますm(_ _)m



最近感じることは
究極 自分なんだなってことです。

ある現象をみて

美しいとか
醜いとか
素晴らしいとか
愚かだとか
大事だとか
どうでもいいとか
感動とか
興ざめとか
好きだとか
嫌いだとか

種々感じるのは自分だと。
相手によって起こる感情ではなくて
環境によって起こるものでなくて
自分なんだと。
自分のなかに それを
どのように受け止めるかっていう
何かがある
強いて言葉で言えば
心ってとこでしょうか。

何かを感じるとき
気持ちよくそれを受け止めて
次に繋げる生き方ができたら
すごく素敵なんだと思います。
人生も ちゃんとみたら
瞬間瞬間の数珠つなぎですね。
その一瞬一瞬に何を刻むのが
人生の最期に振り返ったとき 一番ベストか。
そんなことを考えました。
posted by KABU at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

勝負

一瞬一瞬
自分で決めて
実行する

一瞬一瞬
そうやって
自分に負けないで生きていこう
posted by KABU at 09:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

初めてのお給料

高校2年の夏休み 友達の紹介で アルバイトをした。
アルコールの試飲販売。
家から遠い神奈川県の外れまで
いったことない土地に一人でいったなぁ。

なにもかもが初めてで ドキドキしてた。

ずっとたちっぱなしで
自分が飲めるわけもないビールやワイン
知らないお店
知らない人
緊張の休憩時間

お店の名前やお世話になったお店の人の名前も覚えてない。


ヘトヘトで帰って
お給料もらいにいったなぁ。


アルバイトする最初から決めてたのは
初めてのお給料の使い道。
お花を買おうと決めていた。


花屋さんで頼んだのは
あの人に一番似合う
ひまわりの花でした。
「生きてく強さ」を教えてくれた 幼なじみに。

posted by KABU at 23:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

大人になる

自分大人になったなぁって感じることはなに??

こう切り出した友人

あまりピンとこなくて聞き返した

自分の場合はどうなのか と


「ジャンプを電車で読まないでも大丈夫になったこと」


あー
そうゆうことか


私の場合は
朝 お風呂に入ることが特別に感じなくなったこと
かな

大人になると 自分でできることが増える。
自分の思いを自分で叶えられることも増える。



そんなことを思った日。

ある日のバイト中でのできごと。

子供が買い物にきた。
200円を握りしめてレジにやってきた。
レーズンパンは210円。
「あと10円ある?」と私。
「ママがね、まるいぱんって言ったの」

10円くらいだしてあげようと思う自分。
でも
その行為の意味はきっと
自分がいい人でいたいという無意識の欲望を満たす意外なにもなくて
だから
「200円だったらねこっちの四角いパンが買えるよ」と食パンをすすめる私。
「ママがね、まるいぱんって言ったの」
「そっかぁ、じゃあママにあと10円で買えるよって聞ける?」と私。
「じゃあ四角いのにする」
その子、昨日は牛乳を買いにきた。
小学生かその前かくらいの女の子。
懐かしいなードキドキしたおつかい。私の初めてのおつかいはピーマンでした。

そんなエピソードをバイト先の友人に話す。
「子供って弱いよねー」とその友人。

そうかな。
どうかな?


確かに
大人になると 自分でできることが増える。
自分の思いを自分で叶えられることも増える。


アルコール依存症の方が
ひんぱんにお酒を買いにくる。

数日すると
買いにこなくなる。

数ヶ月すると
また 買いにくる。



子供の時みたいに
泣きたいときに 泣ける?
笑いたいときに笑える?
壁におもいきり挑む?

子供は 強い。

子供も
大人も
強くて弱い
弱くて強い





言葉足らずでうまく伝わらないけど。

私たちが生まれて今まで
たくさんのことを教えてきてもらって今があるけれど

その間でも
私たちの
生きる姿が
誰かに
教えていたのかもしれないって ふと思った。


今でもよく
「大人になったら」って 言いながら
自分の未来を語ってしまう。
posted by KABU at 18:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

深傷

本当に痛い瞬間は
声も 涙もでない



カッターの歯を代えようとした
親指の付け根に刺さる
頭が真っ白になっているようで
意外に冷静で

痛みを感じないのに
手当てをしようとする


バスケでディフェンスをしてた
先輩の肩が鼻に入る

両掌に血の池ができる
血の流れを感じながら
洗面所に向かう



痛みは
その時はない
後からやってくる

シャワーを浴びたり
顔を洗ってタオルで拭く
その瞬間


親指切ってたんだ

鼻折れてたんだ
って 思う




心の傷も
きっとそうなんだろう



強く生きていると
思っていたけど
今の自分は
傷つくのが怖いだけだ
posted by KABU at 22:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ふさがらない穴がある。
すきま風が入ってきて
寒い。
この寒さ
どうやってしのぐ?


いくら食べたいものや美味しいものをたらふく食べても
いくら欲しいものやオシャレなものを身にまとっても
いくら大好きな人や世界が羨む人と一緒にいても
いくらみんなが スゴイ 偉い とチヤホヤしてくれても

この穴は
うまらない。

笑い泣きするのは大好きだけど
歌うのは大好きだけど
楽しいことも好きだけど
忙しいことも好きだけど
新しいことを知るのも大好きだけど

でも
その大好きなことたちも
この穴を埋めてはくれない。


一瞬 穴がなくなってすきま風がやんだと思うのだけど
足先をみると寒くて赤くなってました。
暖かいと感じたのはほんの一瞬の錯覚でした。

その 一瞬の錯覚の連鎖の中で 生き延びるという選択肢もあるでしょう。

でも それが錯覚である限り
寒いまんま。




生きている限り
この穴はふさがりません。
この穴が生きている証拠だから。



だから
鏡を磨いて 暖まることに決めました。
すきま風が心地よく感じる。
posted by KABU at 23:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

沈黙の共有

おしゃべり大好きで
人呼んで マシンガントーカーな自分。

でも 静かなときもそりゃあある。

自分をズバリ言い当てられたとき
それを忘れたくなくて
反芻をする。
そんなときは 沈黙を好む。

しかし どうやら人は
その沈黙を


怒りの沈黙
とか
凹みの沈黙
とか
思うようだ。

そんなときは そっとしておいてくれるのが一番嬉しいのに。


マシンガントーカーがマシンガントーカーでいる理由は
沈黙の共有ができない仲である
もしくは
喋りたくてしかたがない思いが溢れだしておさえられない状況にあるか。
の どっちかなんですよっ☆
何はともあれ
怒ったら 沈黙よりも怒るし
凹んだら 沈黙よりも凹んだぁって叫ぶ
それらの気力さえないときは沈黙するけど
そんなときは そっとしておいてもらうのが一番いい。


自己中とは違う意味でどうしてほしいかと発信することは大事なことかもなと思う。
posted by KABU at 23:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

スメバミヤコ

来たばかりのとき
大嫌いだった
ここ

元いた所に
いたくて
いたくて
いたくて

過去ばかりにすんでいました

場所も
記憶も
友達も





今日 道で大好きな人にすれ違う
2年前は大嫌いだった人


少し言葉を交わし
すれ違い終えた


なんだか ほころんでしまう顔


こうゆう瞬間がたまらない

前いた所が
心地よかったのは
この瞬間が
保証されていたから


でも それは
どこでだって生み出せる

自分が
ちゃんと歩き出したら
笑顔が眩しいと思わないくらい
自分もエネルギーもったら

自然と笑顔が あふれだす



私にとって
スメバミヤコとは

そうゆうイイ瞬間が
多くなること




時は今

過去から未来に流れる
posted by KABU at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

雨あがる

山本周五郎?原作の映画だったかな
知人にチケットをいただいたとかで 家族四人で見に行った。
確か高校生だったと思う。
ストーリーを追うことに必死で 深く内容を理解できなかったけど
雨上がりの爽やかさを感じたのを覚えてる。






家を出たときから
雲行きは怪しかったんだ
今にも雨が降りそうだって
駅まで急げば大丈夫って思ったから
傘はもたなかったの

途中でポツリポツリ
ライトグレーのTシャツに濃い水玉ができた
買ったばかりなのに

急ぎ足で 大好きな商店街を通り抜け 先を急いだ

気付いたら右肩は濡れていない
知っているようで知らないような
知らないようで知っているような人が
隣にいた
傘をもっていた
雨上がりのような顔をして その人はいた

ありがとう

電車の座席の暖かさが
心地よい眠りに誘い込む
目的地につくと
空は晴れていた
すっかり左肩は乾いて
服の水玉も消えた


改札をでて 右側にある売店で傘を買った

雨が降ったら濡れないように
誰かの右肩を濡らさずにすむように







雨あがる




私の気持ち  ここ2週間。



posted by KABU at 03:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

一番になる理由

今ごはん食べてボケッとテレビ眺めてたら
荒川静香がでてた。

彼女が金メダルをとれたのも それ以前に金メダルを目指せたのも
その先 にある 夢のためだった。
その夢は 皆さんご存知アイススケートのショーにでること。

芸術。

芸術を追い求める心って 競技をするときの闘争心を超越するんだって思った。

本来 何かを究めるのって 誰かを蹴落とす手段じゃなくて
みんなと共生するために 成されるべきもの
って 改めて感じさせてもらった。

自分が一番になるためだけに頑張ってたときが恥ずかしい。
その恥ずかしいを体感したことで もっと本当に頑張る意味を深められたわけだ。

なんのため

って うちの大学では よく問われる。
1年のときは
なんのためってなんのため?
って思っていたけど
すごく大事なんだって噛み締める卒業まであと半年の今日この頃☆
posted by KABU at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

私の心の中のフィルター

「世界人類のために尽くさんと思わば、まず自分自身の悲哀を制覇せよ」
この言葉に出会って就活している今、少し気持ちを強くというか前向きにもてるようになった☆
言葉の力ってすごいね。

言葉といえば
前までは、言葉を発する人の言動という背景が
言葉を受けるがわにもたらす衝撃というか影響に深く関わっている
って思ってたけど
違うなって最近思う。
その言葉自体を受け入れるとき
その言葉は受け手の土壌に染み込む前に
様々なフィルターを通ってる
そのフィルターは
言葉を発する側の言動であったり
言葉が発されるタイミングであったりする
ように感じるけど
実は
フィルターを構築しているのは受け手側である
と思うのね〜。

だからこれからは
そうゆうフィルターをとっぱらいたい。全部はむりだけど
なるだけ大口開けて取り込むようにしたい。
そんで感じとって味わって自分の栄養にする。
栄養がある可能性があるかもしれないのに初めっから濾しちゃったらもったいない。って思うから。

固くいえば脱・偏見
ってわけです。
無意識のうちに
意見の違う相手を自分の世界に引き込もうとしちゃったり
とか
相手の可能性を見い出すキャパがなかったって反
posted by KABU at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

証明写真

就活用に証明写真を撮った
昨日 それが届いた

写真を撮った日は徹夜明け
でも心は晴れやかだった
そんな顔


また以前別の日にとった証明写真
睡眠はたっぷりとって
自分の時間もたっぷりあった
でも心は迷っていました
そんな顔


笑顔でごまかせない証明写真では
心の状態は隠せないなぁ

posted by KABU at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

背景

大学に入ってから自覚したことの一つに

その言動の背景を知ることの大切さ
がある。

なんで今 その人は
それを言うのか
そうゆう態度なのか
その行動なのか

その人がそのタイミングで使うその言葉の意味
態度
行動

自分の予想を外れた言動たちは
感情をプラスかマイナスかに傾ける
嬉しくなったり悲しくなったりムカついたり


でもマイナスに傾くのを避けられる方法を知った

それが背景を想像すること

ワンクッション置いたら
あとはその想像した材料をお供に
存分に語り合う

背景を知ろうとすること
それは その人を知ろうとすること
その思いは伝わる☆
posted by KABU at 23:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

生きようと思ってるから
悩んだり苦しんだりする。
どうでもよかったら 何も感じない。
でも生命は個人の意識を超越して 生きてる。



苦しくないふりをしないで。
苦しいこと ごまかさないで。
心は知ってるよ。
posted by KABU at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

帰るべきところ

英知を磨くは 何のため

君よそれを 忘るるな

労苦と使命の中にのみ

人生の価値は生まれる

キャンパス内にある一対のブロンズ像に刻まれた言葉。


大学を卒業して
希望を持って社会に出ても苦しいことってあるだろう

でも 私には 帰るべき所がある。
それは
思い出の場所に浸ることではなく
仲間の内にある、ある安佚でもなく
過去の栄華にすがることでもない

英知を磨くは 何のため

君よそれを 忘るるな
労苦と使命の中にのみ

人生の価値は生まれる

4年間で心に刻まれたこの言葉の本当の意味
そこに 帰るのだ。
posted by KABU at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

夢の扉

っていう番組。
今日もこれから前回の続編がある。
前回の録画を今見終えた。

カンボジアには今60万個の地雷があるんだって
地雷がどこに埋まってるか分かる地雷地図ってのがあるけれど
一年の半分が雨期のカンボジア
雨で流される地雷があるため地雷地図は簡単にぬらかえられる
地雷原の内に住む人々は日々危険と隣り合わせだ
「地雷の前では私たちは無力です」
「食べ物を作るために畑を増やしたいけど地雷が恐ろしくてできない 働きたくても働けないんだ」

カンボジアの地雷を除去するのに100年かかる

「私が生きているうちにカンボジアにある全ての地雷をなくし平和な大地を」
という思いを抱くのは
日本人エンジニア雨宮清さん
彼は新型フレールハンマー機を開発した
人力で3日かかる作業を1時間でやってのけます

地雷をつくったのも人間
地雷撤去に挑むのも人間

色んなことが思い巡った30分でした。
posted by KABU at 17:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

お年玉

暮れ正月は人員不足の為
バイト三昧〜!

普段なら沢山来るお客さんも
帰省のためかまばら。

そんななか 子どもの来客が何回かあった。
大事そうにお金を持って
品定め
後から来たお客さんにどんどん追い越されても
そんなことおかまいなしで じっくりゆっくり

恥ずかしそうに レジに品物を持ってくる。
嬉しそうに品物を受け取る。



でも帰る背中はどこか寂しそうだ。


そうやってお店に来る子どもは
みんな一人で来ていることに気付いた。


近いうち お年玉をあげるようになるけど

あげることに満足したくない

と思ったバイトの時間でした。
posted by KABU at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

2007

ショートケーキを作りあげます!
これが今年の目標☆
そのために!!

継続は力なりを合言葉に大儀との決別
をすることを 誓いました(^ー^)ノ
posted by KABU at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。