2007年06月02日

沈黙の共有

おしゃべり大好きで
人呼んで マシンガントーカーな自分。

でも 静かなときもそりゃあある。

自分をズバリ言い当てられたとき
それを忘れたくなくて
反芻をする。
そんなときは 沈黙を好む。

しかし どうやら人は
その沈黙を


怒りの沈黙
とか
凹みの沈黙
とか
思うようだ。

そんなときは そっとしておいてくれるのが一番嬉しいのに。


マシンガントーカーがマシンガントーカーでいる理由は
沈黙の共有ができない仲である
もしくは
喋りたくてしかたがない思いが溢れだしておさえられない状況にあるか。
の どっちかなんですよっ☆
何はともあれ
怒ったら 沈黙よりも怒るし
凹んだら 沈黙よりも凹んだぁって叫ぶ
それらの気力さえないときは沈黙するけど
そんなときは そっとしておいてもらうのが一番いい。


自己中とは違う意味でどうしてほしいかと発信することは大事なことかもなと思う。
posted by KABU at 23:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。
怒りでも凹みでもなく反芻の沈黙ですか。
そういうことを話して理解してくれる友達はいい友達だね。
Posted by エッソ at 2007年06月06日 18:40
はい☆友達には恵まれてますo(^ー^)o
でもやっぱり 人間であるから 自分に対してどうしてほしいかを 常に察してもらいたいと相手に対して 思うのはいかんなぁって思います。
Posted by カブ at 2007年06月07日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。