2007年01月25日

帰るべきところ

英知を磨くは 何のため

君よそれを 忘るるな

労苦と使命の中にのみ

人生の価値は生まれる

キャンパス内にある一対のブロンズ像に刻まれた言葉。


大学を卒業して
希望を持って社会に出ても苦しいことってあるだろう

でも 私には 帰るべき所がある。
それは
思い出の場所に浸ることではなく
仲間の内にある、ある安佚でもなく
過去の栄華にすがることでもない

英知を磨くは 何のため

君よそれを 忘るるな
労苦と使命の中にのみ

人生の価値は生まれる

4年間で心に刻まれたこの言葉の本当の意味
そこに 帰るのだ。
posted by KABU at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。