2007年06月22日

ふさがらない穴がある。
すきま風が入ってきて
寒い。
この寒さ
どうやってしのぐ?


いくら食べたいものや美味しいものをたらふく食べても
いくら欲しいものやオシャレなものを身にまとっても
いくら大好きな人や世界が羨む人と一緒にいても
いくらみんなが スゴイ 偉い とチヤホヤしてくれても

この穴は
うまらない。

笑い泣きするのは大好きだけど
歌うのは大好きだけど
楽しいことも好きだけど
忙しいことも好きだけど
新しいことを知るのも大好きだけど

でも
その大好きなことたちも
この穴を埋めてはくれない。


一瞬 穴がなくなってすきま風がやんだと思うのだけど
足先をみると寒くて赤くなってました。
暖かいと感じたのはほんの一瞬の錯覚でした。

その 一瞬の錯覚の連鎖の中で 生き延びるという選択肢もあるでしょう。

でも それが錯覚である限り
寒いまんま。




生きている限り
この穴はふさがりません。
この穴が生きている証拠だから。



だから
鏡を磨いて 暖まることに決めました。
すきま風が心地よく感じる。
posted by KABU at 23:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

沈黙の共有

おしゃべり大好きで
人呼んで マシンガントーカーな自分。

でも 静かなときもそりゃあある。

自分をズバリ言い当てられたとき
それを忘れたくなくて
反芻をする。
そんなときは 沈黙を好む。

しかし どうやら人は
その沈黙を


怒りの沈黙
とか
凹みの沈黙
とか
思うようだ。

そんなときは そっとしておいてくれるのが一番嬉しいのに。


マシンガントーカーがマシンガントーカーでいる理由は
沈黙の共有ができない仲である
もしくは
喋りたくてしかたがない思いが溢れだしておさえられない状況にあるか。
の どっちかなんですよっ☆
何はともあれ
怒ったら 沈黙よりも怒るし
凹んだら 沈黙よりも凹んだぁって叫ぶ
それらの気力さえないときは沈黙するけど
そんなときは そっとしておいてもらうのが一番いい。


自己中とは違う意味でどうしてほしいかと発信することは大事なことかもなと思う。
posted by KABU at 23:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。