2007年03月19日

雨あがる

山本周五郎?原作の映画だったかな
知人にチケットをいただいたとかで 家族四人で見に行った。
確か高校生だったと思う。
ストーリーを追うことに必死で 深く内容を理解できなかったけど
雨上がりの爽やかさを感じたのを覚えてる。






家を出たときから
雲行きは怪しかったんだ
今にも雨が降りそうだって
駅まで急げば大丈夫って思ったから
傘はもたなかったの

途中でポツリポツリ
ライトグレーのTシャツに濃い水玉ができた
買ったばかりなのに

急ぎ足で 大好きな商店街を通り抜け 先を急いだ

気付いたら右肩は濡れていない
知っているようで知らないような
知らないようで知っているような人が
隣にいた
傘をもっていた
雨上がりのような顔をして その人はいた

ありがとう

電車の座席の暖かさが
心地よい眠りに誘い込む
目的地につくと
空は晴れていた
すっかり左肩は乾いて
服の水玉も消えた


改札をでて 右側にある売店で傘を買った

雨が降ったら濡れないように
誰かの右肩を濡らさずにすむように







雨あがる




私の気持ち  ここ2週間。



posted by KABU at 03:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。