2006年05月10日

一年

日華さんの歌に「百日」ってのがあって、
そこには、100日で何でもできるってあった。
私は100日ではないけれど、人間はどうとでもなると感じる。
この一年を思い返す。

みんなに守られていること。
辛いことも嬉しいという事実。
苦しいことは時間が解決してくれるというのは 一理あるけれど、
それは 本当のところ何の解決にもなっておらず、
また 形の違うでも同じことにぶち当たる。
苦しいということを 苦しいということに気付けたという
自分の成果にしたとき、
すでに先に進めてる。
今でこそ感じることができる。
素敵な仲間に支えてもらったなと。
支えてもらっているなと。

自分はどうやって それを返して生きて行けるか。
最高に幸せな悩みだと思う。
良くも悪くも
一年で人は確実にかわる。
posted by KABU at 22:23| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

音読

もう五月だ。
はやい〜けどホントに色んなことがある毎日。
楽しくてしょうがない!!
姉がただいま帰省中☆今暮らしてる家が少し狭く感じる 笑
しかしせっかく2年ぶりに再会したっていうのに、忙しくてゆっくりするじかんがないのがげんじつ。
忙しいといえば寝る時間もままならない状態のため、この前の日曜、発熱〜

大事なことを控えていたから、
必死で熱下げた。

日々の小さなことを一つ一つ大事にしないとな
と気づかせてくれた発熱に感謝!


昨晩、従兄弟の家に訪問。
いきなり小4の従兄弟に
「おねえちゃん聞いてて!」
といわれ、思わず正座。
国語の宿題で教科書の好きなところを読むとかで。

普段、ガキ大将として母親も担任も困らせている従兄弟。
でも 音読、すごく上手だった!
感動的な物語を音読してくれた。
きっと普段のいたずらも、彼なりの試行錯誤の賜物なんだと信じる。
そうやって普段起きるあらゆることにゆとりを持っていられたら、なんて穏やかでいられるんだろうと思う。
正視眼をもちたいなとつくづく思う。

感動的な物語を聞きながら色んな思いをめぐらせて、
この大将は、何年か後、どんな大人になるのかな、と思ってしまった。
そんなことを思う自分は最近老けたなと思う。
posted by KABU at 16:16| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。